シルバー人材センター恒例のクリーン作戦に参加

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK



友人が参加しているクリーン作戦にボランティアで参加した。
わが町はJR駅前から直線で1㎞ほどで1級河川の浅川が流れている。
20年前までは豊かな田園風景であったが国道計画があり40年前に区画整理計画が始まった。
高度成長期に国で計画したバイパス道路。これから人口が減少してくるのに計画の見直しはなく、進んでいる。


その為10年前から田園風景が一変し住宅街へと変身。スーパーも出来、とても近代化で住みやすい街になった。
人口も増え、現在は計画縮小された駅前の計画へと移っている。
田んぼが無くなりカエルや小魚、ザリガニ、庭のガマガエル、マムシやヤマカガシがいなくなり小川は鯉のみとなりそのぶん人間が増えてきた。35年前には源氏蛍も飛んでいたのに。
どちらがよいのかよく解らないが自然の営みが少なくなったことだけは言えるのではないか。


町をきれいにする。これは当たり前のことである。私も7年前に中国に住んでいたが道路はビニールが飛び交っていた。これは食文化(万頭などを包む)の関係と中国の教育文化の違いか?特に若者が駄目である。食べ終わるとポイ捨て、道路にはゴミ箱がいくつも置いてあるが中はいっぱい。それでも街中は少しきれい。
この件で中国の友人と意見を交わしたことがある。「中国人は9割の人、日本人は1割の人」と言った。まあ的を得てるかなと思った。しかし日本人は1割以下何%の人だと思うのだが。


さて、クリーン作戦。
前にも書いたような気がするが、このクリーン作戦。市主催で行う自治会単位のクリーン作戦。今日のシルバー人材センター主催、一級河川・浅川クリーン作戦と年5回ぐらい行ったいるような気がする。
できる限り参加しているが最初参加した頃よりゴミの数は大幅に減ったように感ずる。
粗大ゴミ、缶類は少なくなった。煙草の吸殻(駅近く、大きな道路の歩道や側溝付近、意外なのは飲み薬や菓子類の包装材)である。


きれいになったが捨てられているところの多くは雑草が茂っている場所である。
この辺を各自治会ごと(市に頼らずに)にクリーンにできれば最高にきれいな街になるのでは!!


と感じながら家で美味しいコーヒーを楽しんだ。


【PR】


出版著書3冊のカリスマサイトアフィリエイターの無料動画
⇒ http://123direct.info/tracking/af/948275/z5eZ0Y4a/



スポンサーリンク

SPONSOREDLINK


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする