熊本地震4月14日M7.0は前震、16日が本震M7.3

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK



熊本地震4月14日M7.0は前震、16日が本震M7.3とは言うものの本日は19日。

(写真は16日のNHKでの解説画像)ですがまだ地震は続いています。



熊本地震(NHKテレビ転載)

熊本地震(NHKテレビ転載)



亡くなった方も44名となってしまいました(被災者の方々は活断層沿いに集中していたようです)。

また、不明者生存も生存率が急激に低下するとされる「72時間」が迫る中、深夜まで救助隊員の捜索活動に本当に頭が下がります。

 

震源地も熊本を中心に阿蘇山、大分県方面へも拡大しています。

熊本の断層も横ずれで2メートルほどずれが動いているようですね。



熊本地震(NHKテレビ転載)

熊本地震(NHKテレビ転載)



今迄にこんなに長く続く地震は有ったのでしょうか。

気象庁もお手上げの状態でしょうか、未知の世界でしょうか。

 

被災地の人達も避難所がいっぱい、まだ怖いので車の中での避難生活をしていますがエコノミー症候群で体調を崩しています。本当は足の延ばせる場所で休めればいいのですが。

 

食料品等は各地から支援により届いているようですが仕分け配送を行う人が居らず必要としている場所までは届いていないようです。

何と言ってもまだ地震が終息していないため各人が動け(か)ないでいるのでその辺に問題があるようです。

 

ようはバックヤードの人間がいないので各避難所まで配達ができない状態⇒役所任せでは災害時の労力は賄えきれません、被災者で元気のよい人等にバケツリレーで避難所まで持っていけるグループ(自治会、消防団、青年団等)を編成する必要があるのではないでしょうか?

 

現状では助ける人、助けられる人に二分されているように感じます。ボランティアがは入れない時は地元の有志で足りない部分をおぎなうことが必要と感じました。

 

4月16日、エクアドルでもM7.8の地震(死者246人)です。

 

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする