今年も市主催の『水防訓練』に参加しました

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK





水防訓練035月21日(土)、『水防訓練』に参加しました。

私の住んでいる地域は一級河川の多摩川と浅川が流れる間にあり南側に多摩丘陵、北側は平坦な台地となっている自然に富んだ関東ローム層地帯にあります。

 

以前は高台は畑、河川近くの低地は田んぼで、河川から田んぼに引く水門も多く、下流では田から河川に水を流すはき出し口がありました。その為、はき出し口付近の人家が冠水になる事もありました。

現在は区画整理により宅地化が進みほとんど田畑は無くなってしまいましたが。

 

水防訓練01最近の降雨は温暖化により熱帯型気候の様に集中豪雨が起き、日本各地で大災害になっています。昨年の茨城県の堤防決壊も大災害となってしまいました。

 

現在、市が進めている区画整理事業で河川敷の周りはスーパー堤防式に土手沿いは地盤を高くしてからの宅地化、堤防を補強しながら快適の住める街造りを行っているようですが、ひとたび大雨が降るとまだ未施工の堤防は決壊がおこらないともかぎりません。

国交省も毎年堤防の補強工事を行ってはいますが自然の力がどうなるか見当がつきません。

 

水防訓練04さて、当日の「水防訓練」は堤防決壊による決壊場所での「土嚢造り」、「土嚢積み」等を参加者での体験(何種類もの)や家に閉じ込められた人の救出、車内からの救出等リアルな体験、色々な事の出来る消防車の展示、実演等を2時間ほどみっちりと経験させて頂きました。

 

水防訓練06市長を始め議員の先生方、市職員、消防署長、署員、消防団、他、国交省、それと私達自治会員、市民の方々でした。

 

毎年筆者が思う事ですがこんなに大事な事(人の身はみんなで守る!)、「もう少し自治会員、市民の方々の参加を希望したい!!」と思う防災訓練でした。

 

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする