「全国地震動予測地図」2016年版、30年内・6弱以上

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK



政府の地震調査委員会が10日、今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の分布を示した「全国地震動予測地図」2016年版が公表されました。

 

全国地震予測地図2年前の前回と比べ南海トラフ巨大地震の震源域近くでは、確率が軒並み1~2ポイント上がり高知市で73%、静岡市で68%など高確率となった。

関東で相変わらず高い地域は水戸81%、千葉85%、横浜81%となっており、埼玉55%、東京は47%であった。

 

全国各地の確率は、防災科学技術研究所が出しているウエブサイトで見ることができます。

 防災科学技術研究所のウエブサイト



スポンサーリンク

SPONSOREDLINK


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする