世界規模での「失明の流行」の懸念 : LEDの光による「網膜の損傷」の実態を研究で明らかにしたスペインの専門家たち

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK





タブレットIn Deep (地球最期のニュースと資料)2017/01/26 に掲載された

『世界規模での「失明の流行」の懸念 : LEDの光による「網膜の損傷」の実態を研究で明らかにしたスペインの専門家たちは「過度な液晶画面依存生活」へ警鐘を鳴らす』

という記事に衝撃を覚えました。

LEDが目に悪いという記事はパソコンの検索エンジンで拾えば今はだいぶ表示されるようになりましたが、このIn Deep (地球最期のニュースと資料)に掲載されています内容は、スペインの大学の研究家たちが、

「世界的に、特に、子どもたちを中心に大規模な視力の障害の大流行が起こることについての懸念」

を述べています。

世界で100億台以上のLEDデバイスが広がったこの世界の未来は

ヨーロッパ最古の大学のひとつであるスペインのマドリード・コンプルテンセ大学の最新の研究による論文で、ラットと、そしてヒトを使った実験により、

「 LED の光が網膜を破壊することが、ほぼ確定した」

ということです。

この内容は「マドリード・コンプルテンセ大学は、ヨーロッパ最古の大学のひとつですが、そのこともあり、スペイン国内では大々的に報じられている」ことです。



スペインの専門家たちの警鐘」⇒ こちらから


蛍光灯に「ハイブリッド安定器」

蛍光灯に「ハイブリッド安定器」



LEDの光が目におよぼす影響はいかがなものなのでしょうか。





スポンサーリンク

SPONSOREDLINK


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする