節分の豆まき

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK



毎年、節分に我が家では恒例の豆まきをしている。親父から引き継いで早、4ジュウ何年になる。

高幡不動の節分・豆まき



午前中に高幡不動様での豆まきに参加し、帽子や袋の中に豆を入れていただく。
今年は日曜日だったので高幡不動駅のはるか先からお寺まで沿道ぎっしりと人の波が出来ていた。
境内もごったがいしていてよい位置が確保できない状態であったが、それでもお連れさんと満足がいくほど年男さんや芸能人さんに豆を投げていただきご利益に有りつけた。

昨年は東日本大震災の復興の御祈りをしたが、現実には福島の原発事故の除染作業の除染剤販売に奔走されたような気がした。
岩手県への提案や東電への提案、建設会社との打合せ等、駆けずり回ったが現状の除染はまだ土壌表面の搔きはがしの除染作業状態である。
弊社の商品はその後の放射性物質の隔離を目的にしていて、最終的には人間に害を及ぼさない事を目的としている。
国をはじめ各市町村がこれから行わなければならない事項なのだ。袋に入れた汚染物質の入った土壌の処理である。

そんな事を考え、「鬼は外・福は内・福は内・福は内」と何度も声を出して日本の伝統を謳歌した。
東北地方が早く明るい元気な街になる事を祈願した。

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする