蛍光灯で節電!50~30%大幅に節電する方法?

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK





蛍光灯からLEDへと節電対策を思考されている方々に??



それは蛍光灯を灯す元、安定器の取り替えによりLEDにも劣らない現状での蛍光灯で大きな節電ができる安定器です。

 

それは『ハイブリッド安定器』です。

 

蛍光灯に「ハイブリッド安定器」

蛍光灯に「ハイブリッド安定器」





ハイブリッド安定器』は、ご使用の蛍光灯の安定器(2種類あります)を差し替えることにより現在の蛍光灯管や器具の差替えは必要ありません。

という事は天井の蛍光灯を差し替えることは必要有りません。また天井をいじらずに工事ができ、工事時間も一基15分程度で差し替えが済んでしまいます。

 

この『ハイブリッド安定器』を取替えることによるLEDと比較しての優位性は

①   導入コスト・・大手メーカーや知名度の高いメーカーと比較し、
  1/2~1/5程度です。

②   汎用性・・

③   ブルーライト問題・・LEDから発せられる短波長ブルーライトは
  人間の網膜まで到達する事から、ブルーライトをカットするメガ
  ネが発売されるなど、将来的に網膜障害が起こりうる危険性を一
  部の医学研究者は警告しています。

④   演色性Ra・・

⑤   重量・・・・

⑥   リサイクルと廃棄物の抑制・・

等があります。

 

また、従来の『安定器』と比較しての革新性は

①   長寿命・・・

②   消費電力の大幅削減・・従来型の銅鉄式安定器より50%、

  インバーター式より30%の消費電力量が削減できます。

安定器図③   低発電・・・

④   CO2削減・・・

⑤   重量・・・

⑥   蛍光灯の水銀について・・・

等があります。

 

電力の自由化により消費者は電力会社を選択できるようになり電気料金の値段や発電方法等自分のライフスタイルに合った会社を選べるようになりました。

電力会社の選択のひとつは使用電気料金の単価の軽減です。

 

今回のご提案は、電気を点けたり消したりする灯りの消費量(使用料)の削減です。

トータル的なコスト削減に蛍光灯の『ハイブリッド安定器』は欠かせない存在です。

 

 詳しい内容はこちらから⇒ 蛍光灯のままで節電&長寿命

 

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする