緊急地震速報「奈良で震度7」の誤報

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK



新宿西口の地下1階の喫茶店で打合せをしていたら何かけたたましい音が響いた。
大きな店で来客も大勢いたからより大きな音であった。
お客様が携帯電話であると言った。携帯を出し見てみると「奈良県で地震発生強い揺れの備えてください。(気象庁)」と表示された。
一瞬、奈良県での出来事、ここは東京である。こんなに広範囲に速報がでるのかと驚かされた。

非常用備蓄トイレ

非常用備蓄トイレ



自宅に帰り妻に地震の話をしたら誤報とのこと。
まったくすごい音(喫茶店が混んでいたため皆の携帯電話が一斉に鳴った為)で何事かと思った。

最近多少の地震では携帯電話の「緊急地震速報」は聞かないような気がする。
たまには鳴らないと忘れてしまう。まあ何もなくてよかった。気象庁は大変だが!!!

大きな災害が起こった時、まず必要なものは「非常用携帯トイレ」である。水や食糧等は他地域からすぐに届く。
しかしトイレの類はすぐには来ない、それは何処でも売るほど備蓄していないので災害用物資にはなかなかできない。
自分で購入し備蓄する必要がある必需品なのです。

大災害が起こってもこのことはマスコミは書かない、体験者だけが知っている非常用備蓄品なのです。

非常用携帯トイレは安くて1袋で2度使える「非常用備蓄トイレ」が使いやすい。

まだ備蓄してないご家庭は是非備蓄をお勧めいたすます。

『備えあれば憂いなし!』です。・・・・・・普段から準備をしておけば心配が無くなる、という意味。

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする