「PM2.5予報」開発へ

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK



「PM2.5予報」開発へ・・・・・・・環境省が対策

中国からの越境汚染が懸念される微小粒子状物質(PM2.5)について、環境省は25日、高度な予測システムの開発や中国在留邦人の支援などを盛り込んだ総合対策を発表した。PM2.5の濃度を予測し、数年後には都道府県単位で「PM2.5予報」を出せるよう目指すという。
中国では工場の排煙に加え、暖房用の石炭燃焼で汚染が深刻化。今年1月以降、西日本を中心に濃度が上昇する日がみられたことから今後の対策をとりまとめた。

中国の在留邦人向けには専用ホームページを開設し、高濃度時の対応策などの情報を提供する。予測システムの開発では、PM2.5の濃度を計算、予測できるようにし、数年で予報に用いたい考え。国内からの排出についても、中央環境審議会にPM2.5の専門委員会を設置し、来年度中に排出抑制策をとりまとめる。
(2013年12月26日 讀賣新聞 夕刊より転載 )

❖ 転ばぬ先の杖 ❖

☞有限会社レイノ社製「PM2.5吸着用空気清浄機レイノAT-2000」は高分子吸着剤のオイル吸着特性を利用したPM吸着用フィルターを搭載、PM吸着フィルター交換/3ヶ月を目途としている。国内初めての交換フィルターを使用している。
☞詳しくはこちらをクリック。

スポンサーリンク

SPONSOREDLINK


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする